サンズイ!!!のブログ

徳島県三好市を中心に活動しているバンドの「サンズイ!!!」です。

0618

DTM関連記事(第7回 ボーカルトラックの処理例)  

キーボード&ドラム担当のはちべえです。




今回は、音源のミックス作業に関する内容を書いていこうと思います。

音源において一番重要なパート、ボーカルに対する処理例を書きたいと思います。

--------------------------------------------
●第7回 ボーカルパートの処理例

ミックス作業は、おおざっぱに説明すると各パートをバランスよくまとめて聴きやすい状態にする作業です。

ただ、音楽のジャンルや作業者によってやり方は様々あるので、これが正解っていう方法は無いと思います。

なので、今回ボーカルパートの処理例を書きますが、こういう風にしなければいけないっていう事ではありません。

あくまで、参考程度に留めておいて参照して頂ければと思います。



ボーカル処理例


・コンプ

ボーカルのメイントラックはレベルを軽くそろえる程度に掛ける

ボーカルの複製トラックは思いきりかける(レシオは8:1程度、6dB以上のゲイン・リダクション、アタックは速め、リリースは中間~遅め)



・レベル書き

録音レベルが低い部分は3dB~4dBブーストするようなレベル書きを行う



・EQ

100Hz近辺をカット

女性ボーカル:5kHz~8kHzの帯域を1dB~2dBブースト&その周辺をカット

男性ボーカル:2kHz~4kHzのところを少しブースト&その周辺をカット



・テンポ・ディレイ

フィードバック無しで、8分音符がLから、4分音符がRから返ってくる

--------------------------------------------
スポンサーサイト

Posted on 2017/06/18 Sun. 23:28 [edit]

コメント: 0
トラックバック: 0

0617

今夜は、延び延びになっていたライヴ打ち上げの飲み会!!!  

先日、マクドナルドにて一食分のエネルギーが1,034kcalを誇る「ギガビッグマック2017」をおやつ代わりに平らげてきたベース担当のまえけんです。

先月末週の日曜日、つるぎ町貞光の「インドラ・コンサート」では、皆様に大変お世話になり、また楽しく「初参加・初演奏」させて頂くことができました!改めて感謝申し上げます。皆様ありがとうございました!またの機会にも、また参加させて頂けたらと思っています。

さて、今回はその「インドラ・コンサート」で僕個人的に印象深かったお話を一つ。…まあ、僕本人というよりも、またも僕愛用のジャズベにお褒めの言葉を頂いたという話なんですけれども…しかも購入後の過去20年の間にも見当たらなかったほどのベタ褒めぶりで…光栄に思いながら、少しお酒の勢いも入っていた(?)心地好い「ベタ褒めのシャワー」を全身に浴びさせて頂きました(ジャズベの方が)…ごっつあんでした!

ベースに関して右も左も分からない初心者の時に買ったそのジャズベが、たまたま「当たり」だったので、本当に運命的なほどに幸運だったと思います。もし購入時のあの時、自分の確固たる「審美眼」ならぬ「審美耳(?)」で「このジャズベが良い!」と確信を持って見つけていたなら、今頃「わしがこのベースを探し当てたんや!」とばかりに、ドヤ顔で自慢できたんでしょうけど、僕本人としては本当に「棚からぼた餅」と言った感じで、自分のジャズベが褒められると、悔しくも嬉しい複雑な嫉妬のような感情がありつつ、いつも少々困惑してしまうというのが正直なところですね。…改めて我が愛器に負けぬよう、そして演奏力がそれに見合うよう精進して、これからも大事に弾き続けていきたいと思います…それでは!

Posted on 2017/06/17 Sat. 13:26 [edit]

コメント: 0
トラックバック: 0

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

▲Page Top